サブバンク

読み方: さぶばんく
分類: 金融機関

サブバンクは、メインバンクに対する用語で、主たる取引を行う銀行とは別に、補助(補完)的に活用する銀行のことをいいます。これは、法人(企業等)においては、融資預金などで複数の銀行と取引している場合に、最も密接な取引関係にある主要取引銀行以外を指し、また個人においては、給与振込口座クレジットカードの引落し口座に指定したり、公共料金口座振替を行ったりするなど、日常生活の中で最も活用する取引銀行以外を指します(サブバンクの定義は曖昧)。

一般にサブバンクは、日常の生活資金と貯蓄資金を分けるなど、メインバンクと使い分けをする場合に効果的であり、例えば、ATM利用手数料の優遇や定期預金の高金利、商品ラインナップの充実など、何らかのメリットがある銀行をうまく活用するとよいでしょう。また、ペイオフの関係から一つの銀行に全て預けるのはリスクがあり、信用力の高い銀行に分散して預ける場合にも活用されます。