裏書

読み方: うらがき
分類: 手形・小切手

裏書は、元々は、文書や書画などの裏面に文字を書くこと、またはその書いたものをいいます。これは、法律用語では「譲渡裏書」を指すことが多く、手形小切手、倉庫証券、船荷証券などの指図証券を譲渡する際に、証券の裏などに権利者(受取人またはその後の所持人)が必要事項を記載して署名し、相手方に交付する行為をいいます。また、裏書譲渡をした者を「裏書人」、裏書譲渡により受け取った者を「被裏書人」と言います。なお、譲渡裏書の他に、取立委任裏書や質入裏書などもあります。

・手形の受取人が第一裏書人となる
・裏書人は被裏書人に対して償還の責任を持つ
・裏書は連続していなければならない
・被裏書人欄に何も記載しなくても、白地式裏書として譲渡できる