カストディアン

英語名: Custodian
分類: 運用・保管・管理

カストディアン(Custodian)は、投資家に代わって、株式や債券などの有価証券の保管・管理を行う金融機関のことをいいます。これには、複数国の有価証券の保管・管理を取扱う「グローバル・カストディアン」と、自国(現地)の有価証券の保管・管理を取扱う「サブ・カストディアン」の二つがあります。

一般にグローバル・カストディアンは、全世界に業務を展開し、世界各国のサブ・カストディアンと提携しています。

カストディアンの役割と担い手

カストディアンの役割は、有価証券の保管・管理だけではなく、元利金・配当金の代理受領、預り運用資産の受渡し決済、運用成績の管理、議決権の行使、コーポレートアクションの報告など広範囲に及んでいます。

現在、カストディアンの担い手は、国内(日本)では、信託銀行都市銀行が本業務を手掛けており、また海外(外国)では、ステート・ストリート、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、JBモルガン・チェース、シティグループなどが「グローバル・カストディアン」として有名です。

カストディアンへの委託

通常、国内の投資家が外国の有価証券を購入する場合、自国に現物を取り寄せて保管・管理することは難しいため、現地のカストディアンと委託契約を結び、有価証券を保管・管理してもらいます。

この契約については、国内(自国)の投資家が外国の有価証券に投資する場合と、外国の投資家が自国の有価証券に投資する場合に締結され、昨今では、プロの投資家は、国内外の株式や債券などに幅広く投資しており、カストディアンに有価証券の保管・管理をまとめて委託するのが定着しています。