不良債権

読み方: ふりょうさいけん
分類: 金融業務|融資

不良債権は、広義では、商取引や投融資などにおいて、回収が非常に困難な債権のことをいいます。また、狭義では、金融機関等において、経営が破綻している先、業績不振などで経営が実質的に破綻している先、あるいは破綻する危険がある先に対する「回収が非常に困難な債権」のことをいい、これには元本利息の支払いが3か月以上滞っている貸出金や当初の条件どおりに返済できず、金利の減免や元本の返済が猶予されている貸出金も含まれます。

一般に金融機関は、顧客に返済してもらうことを前提に貸し出し(融資)を行なっていますが、融資先が返済できないと、その融資額(全部または一部)が損失になると共に、融資の利鞘面(運用収益-調達コスト)にも影響が出て、金融機関の収益に大きな影響を与えることになります。

自己査定における債務者区分

自己査定とは、各金融機関が、債務者をその財務状況や資金繰り、収益力等により、返済能力に応じて区分(5分類)した上で、自ら保有する資産を「回収の危険性」または「価値の毀損」の危険性の度合いに応じて分類することをいいます。

・正常先
・要注意先(特に注意を要する先は要管理先として区別)
・破綻懸念先
・実質破綻先
・破綻先

金融再生法に基づく開示債権

金融再生法に基づく開示債権とは、貸出金と貸付有価証券などのその他の債権が対象で、下記のうち、正常債権を除いたものが不良債権の開示額となります。

・正常債権
・要管理債権
・危険債権
・破産更生債権及びこれらに準ずる債権

銀行法に基づくリスク管理債権

銀行法に基づくリスク管理債権とは、貸出金のみが対象で、下記の4区分となっています。

・貸出条件緩和債権(要注意先の一部)
・3カ月以上延滞債権(要注意先の一部)
延滞債権
・破綻先債権