オペレーティングリース

英語名: Operating Lease
分類: ノンバンク

オペレーティングリースは、簡単に言えば、ファイナンスリース以外のリースの総称をいいます。これは、リース期間満了時の残存価額(残価)をリース会社が査定し、物件の元本部分から残価を差し引いて、リース料を算出するリース取引を指し、また期間については、自由な設定が可能となっています。

一般にリース取引とは、特定の物件の所有者たる貸手(リース会社)が、当該物件の借手(ユーザー)に対して、合意された期間において、それを使用収益する権利を与え、一方でユーザーは、合意された使用料をリース会社に支払う取引を指し、「ファイナンスリース」と「オペレーティングリース」に分類されます。

オペレーティングリースのスキーム

オペレーティングリースは、中古市場が存在し、将来の中古市場で公正市場価格が見込まれる汎用物件に対して、貸手(リース会社)が将来の中古価値(残価)を負担することにより、借手(ユーザー)にリース期間中、有利なリース料で該当物件を使用させる仕組み(スキーム)となっています。

オペレーティングリースの活用と対象物件

オペレーティングリースは、リース期間満了時の残価を予めリース会社が見積ることでリース料の軽減が図れるほか、一定の条件のもと顧客の希望に応じたリース期間設定が可能であり、現在、リース物件の対象として、中古市場性を有する特定の汎用物件である、航空機や自動車、工作機械、建設機械、半導体製造設備、電子部品実装機などが代表例として挙げられます。

オペレーティングリースの主なポイント

オペレーティングリースの主なポイントとしては、以下が挙げられます。

・物件価格から残存価格を除いてリース料を算出するため、割安なリース料で物件の使用が可能。
・物件の使用計画に合わせた、自由なリース期間の設定が可能(ファイナンスリースと比較して短期間のリースが可能。
・会計基準として賃貸借処理(オフバランス取引)。また、税務面では、支払リース料を通じて全額損金処理が可能。
・リース期間終了後は、物件の使用状況に合わせ、2次リース・買取・物件返却のいずれかを選択することが可能。