IRS

読み方: あいあーるえす
英語名: Interest Rate Swap
分類: デリバティブ|スワップ

IRSは、"Interest Rate Swap"の略で、デリバティブの一つで、金利を交換対象とするスワップ取引をいいます。これは、同一通貨間で異なる種類の金利を取引の当事者間で交換(スワップ)するもので、最も多い取引としては、固定金利変動金利の交換があり、円のIRSでは、固定金利と6ヵ月LIBORとを半年毎に交換する取引などが具体例として挙げられます。また、円の金利スワップレート(固定金利の交換レート)は、日本経済新聞(朝刊)のマーケット欄にも記載されています。

一般にIRSは、金融機関や企業などで金利変動リスク(金利上昇リスク、金利低下リスク)を回避(ヘッジ)する手段の一つとして日常的に利用されています。また、実際の元本を取引の当事者間で移動させない「想定元本」で取引されおり、オフバランス取引となっています(元本交換を行わずに、金利部分のみを当事者間で交換)。なお、本取引は、取引所を通さずに当事者間で直接取引をする「相対取引」によって行われるため、その取引条件(想定元本、取引期間、金利種類、利払い等)については当事者間で予め取り決めることになります。

※IRSは、ニュースなどでは、"Internal Revenue Service"の略で、「米国内国歳入庁(米国の連邦税に関する執行・徴収を司る連邦機関)」の意味で使われることがある。

IRSの種類

IRSの最も代表的なものは、固定金利と変動金利(LIBORTIBORなど)の交換ですが、他にも異なる種類の変動金利同士の交換などもあります。また、交換する金利を金利関連指標とする場合もあります。

・固定金利と変動金利の交換
・変動金利と変動金利の交換
・固定金利と無担保コールオーバーナイト物の交換 他

IRSの企業での活用例

例えば、銀行から変動金利で借入れをしている企業が、将来の金利上昇リスクをヘッジする目的で、「変動金利受取り、固定金利支払い」というスワップ契約をします。これによって、この企業は変動金利の支払利息を実質的に固定金利の支払利息に交換することができるため、今後支払う金利が固定化され、将来の金利上昇による「借入コストの上昇リスク」をヘッジすることができます。

・変動金利の利息をスワップの相手方から受取る(変動金利の相殺)
・固定金利の利息をスワップの相手方に支払う(固定金利の支払い)