仲値決済

読み方: なかねけっさい
分類: 為替相場

仲値決済は、仲値を元に外国為替取引を行うことをいいます。これは、輸出や輸入などを行う企業が仲値をベースに米ドルの手当てや円転を行うことを指し、午前10時頃の東京市場で大口の決済が出ることが多いです。また、銀行等の金融機関は、仲値決済で持ち込まれた取引(売りと買い)を相殺してネットポジションを算出し、カバー取引を行います。

なお、仲値決済による外貨の需給バランスにおいて、外貨(主にドル)が不足している状態のことを「仲値不足」と言います。