割引率

読み方: わりびきりつ
英語名: Discount rate
分類: 利回り

割引率は、「ディスカウントレート」とも呼ばれ、将来受け取れる金銭や収益などの価値(将来価値)を、現在受け取れるとしたらどの程度の価値(現在価値)を持つか表すもの(換算値)をいいます。これは、将来価値現在価値に割り引く(換算する)ときの割合を、1年あたりの割合で示したものとなっています。

一般に時間の経過による利回りを考慮した場合、現在のお金の価値と将来のお金の価値とでは「価値」が違うため、将来のお金の価値を現在のお金の価値に換算する際に「割引率」が用いられます。なお、本用語は、日常的には、「割引される額の割合」という意味で使われています。

●債券投資の割引率

債券投資においては、割引債償還差益(発行価格と額面価格の差)を額面価格で割り、1年当たりに換算した値(%表示)を指す。

●退職給付会計の割引率

退職給付会計においては、給付債務を測定する際に用いる計算利率を指し、将来発生する退職給付額のうち、現在までに発生したと認められる額を現在価値に割引計算するために使用する率のことをいう。通常、本利率は、安全性の高い長期の債券の利回りを基礎として決定される。