iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

単式簿記

読み方: たんしきぼき
英語: Single-entry bookkeeping
分類: 簿記

単式簿記は、主として財産の変動だけを記録の対象とする簿記をいいます。

取引の一側面だけを記録する技法で、基本的には、ある一つの勘定科目に絞って、収支のみを帳簿に付けるため、とてもシンプルな仕組みとなっています。例えば、家計簿や現金出納帳のような現金収支の記帳が挙げられます。

単式簿記の記帳例

一般に単式簿記は、複式簿記に相対する概念で、単一勘定の収支計算をするだけなので記帳が簡単というメリットがある一方で、正確な財産状態(お金の増減の原因)が把握できないというデメリットがあります。また、決算時には、収支決算書しか作成することができず、情報面では不十分と言えます。

ちなみに、個人事業主の場合、確定申告において、白色申告では「単式簿記」を選択できますが、一方で税制面でメリットのある青色申告では「複式簿記」が要件となっています。