修繕費

読み方: しゅうぜんひ
分類: 財務・会計|損益計算書

修繕費は、企業会計における勘定科目の区分の一つで、業務用の固定資産の維持や修理、改良などのために支出した金額のうち、当該固定資産の通常の維持管理のため、または災害等により毀損した固定資産に対して、その原状を回復するために要したと認められる部分の費用(金額)をいいます(税法上の形式基準により判定)。具体的には、建物の外壁の塗り替え、屋根の修理、ガラスの入れ替え、机や椅子の修理、給水設備の修繕、機械や事務機器等の修理・保守・部品交換・定期点検、自動車の車検・修理・点検整備などの費用があります。また、パソコンやサーバの保守のための保守契約料、建物等の維持管理のための保守料なども本科目で処理します。

一般に修繕費は「収益的支出」に該当し、原則として、必要経費に算入できます。また、損益計算書においては、「販売費及び一般管理費」に計上されます。なお、固定資産の修理にかかる支出であっても、これにより資産の耐用年数が延びたり、性能が高まったりして、その資産価値が増加する場合には、「資本的支出」として固定資産の取得価額に加算し、その後、減価償却により費用処理を行うことになります。