前期損益修正損

読み方: ぜんきそんえきしゅうせいぞん
分類: 財務・会計|損益計算書

前期損益修正損は、企業会計の特別損失のうち、過年度の経理の誤り(前期以前に計上した損益)などの修正によって生ずる損失を処理する際に使われる勘定科目をいいます。

経理の実務上、株主総会で承認された決算書は、過去に遡って修正することができないため、特別に本科目を用いて修正することになります。具体的には、前期以前において、減価償却費が過小であったり、仕入の計上漏れがあったり、棚卸資産の評価額修正損があったりした場合などに、損益の修正による損失が発生し、この処理が必要になります。

一般に前期損益修正損は、当期の損失に属さない過年度の損益修正額であるため、損益計算書上においては、当期の経常損益からは除外し、「特別損失」として計上しなければなりません。なお、実務面において、本科目が毎年出てくると、いい加減な経理をしているのではと思われるので、出来る限り出さないように注意することが必要です。