iFinancial TV(金融動画)>> YouTubeでチャンネル登録!

総還元性向

読み方: そうかんげんせいこう
分類: 財務分析

総還元性向は、「総配分性向」や「株主還元性向」とも呼ばれ、配当と自社株買いを合せた金額を当期純利益で割った数値(比率)をいいます。

総還元性向の計算式

企業が得た利益をどれくらい株主に還元しているかを示す財務指標で、当期純利益のうち、株主に配分した額がどの程度の割合かを示しており、2003年の商法改正で自社株買いが機動的に行えるようになって以降、従来の配当と合わせた企業の株主還元の比率を示す指標として注目されるようになりました。

一般に総還元性向の高い企業は、当該期に得た多くの利益を株主に還元していることを意味するのに対して、総還元性向の低い企業は、当該期に得た利益のうち、株主への還元が少ない一方で、内部留保の割合を多くしていることを意味します。

・総還元性向=(配当総額+自社株買い総額)÷当期純利益

昨今では、配当金のみの割合を示す「配当性向」より、株主への利益配分を広く示す概念として「総還元性向」を経営目標に採用する企業が増えており、特に成熟企業では、資本政策の一つとして、本指標を高めるのが望ましいとされています。