配当性向

読み方: はいとうせいこう
英語名: Payout ratio
分類: 財務・会計|財務分析

配当性向は、「配当支払率」とも呼ばれ、当期純利益(当期利益)のうち、配当金として支払われる割合を示したものをいいます。例えば、当期利益が100億円で配当総額が20億円ならば、配当性向は20%となります。

一般に企業において、配当性向が低い場合は利益処分に余裕があることを示し、その分だけ内部留保が手厚く行われていることを示します。また、成長企業は、利益をできるだけ投資に回すことで、さらに成長して企業価値を高められる可能性があるため、配当性向が低くても市場で容認されるのに対して、成熟企業は、投資をあまり必要としていないため、配当性向を高めることを市場は期待します。

現在、日本企業の配当性向は、外国企業と比べて低く、20~30%程度であることが多いです。また、余剰金を取り崩して、当期利益よりも多い配当を実施した場合、配当性向が100%を上回ることもあります。なお、企業によっては、IR情報の一つとして、配当性向の目標値を示しているところもあります。

配当性向(%)
=(配当金支払額÷当期利益)×100
=(1株当たり配当額÷1株当たり当期利益)×100