FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMOは、GMOインターネットグループの金融商品取引業者(FX会社)です。外国為替証拠金取引(FX)の老舗の一つで、信頼の約定力、鉄壁の取引システム(強靭なサーバー)、業界トップクラスの取引ツールに定評があり、多くの顧客から支持されています。

目次:コンテンツ構成

FXプライムbyGMOの取扱商品

FXプライムbyGMOでは、現在、自由に取引できる最もスタンダードなFXの「選べる外貨」、バイナリーオプション取引の「選べる外為オプション」、戦略を選べて作れるシステムトレードの「ちょいトレFX」の三つを提供しています。

選べる外貨 少額から始められる1,000通貨取引、短期売買からスワップ狙いの長期運用まで、様々な投資スタイルに対応する「自由に取引できる最もスタンダードなFX商品」。
選べる
外為オプション
為替レートが円安・円高どちらの方向へ動くのかを予測する、店頭通貨バイナリーオプション取引。
ちょいトレFX マウス操作で条件を選んで独自のストラテジーを作成することや、予め用意されているストラテジーを選ぶこともできる「システムトレードのサービス」。

FXプライムbyGMOの会社概要

FXプライムbyGMOは、GMOインターネットグループのGMOフィナンシャルホールディングス傘下の外国為替取引会社です。

経営理念

為替のプロフェッショナル集団として顧客の資産形成と豊かな社会の創造に貢献する。

行動規範

まじめにFX。~3つのプライムらしさ~(為替のプロであること、お客様に近い存在であること、王道を歩むこと)

商号 株式会社FXプライムbyGMO
〔FX PRIME by GMO Corporation〕
設立 2003年9月24日
所在地 東京都渋谷区道玄坂1-2-3 渋谷フクラス
事業内容 金融商品取引業及びその付帯関連業務
上場/非上場 親会社が東証に上場

FXプライムbyGMOの沿革

FXプライムbyGMOは、設立以来、多くの顧客の支持を得て、大手FX会社へと成長しました。

当初は伊藤忠グループで、また一時は上場していましたが、現在は、GMOクリック証券、GMOコインなどと共に、GMOインターネットグループの金融持株会社である「GMOフィナンシャルホールディングス(東証上場)」の子会社となっています。

・2003年:伊藤忠商事の子会社として設立、外国為替保証金取引を開始
・2004年:「チャートナビFX」を開始
・2005年:「選べる外貨」を開始、信託保全を導入
・2008年:ジャスダック証券取引所に上場
・2009年:「ぱっと見テクニカル」を開始、1000通貨取引を開始
・2012年:GMOクリックホールディングス(現・GMOフィナンシャルHD)のTOBで同社の連結子会社になる
・2013年:本社を移転、「FXプライムbyGMO」に商号変更
・2014年:「ちょいトレFX」を開始
・2015年:株式交換によりGMOフィナンシャルHDの完全子会社になる、「選べる外為オプション」を開始
・2020年:本社を移転

金融ブランド事典

カテゴリー