MACD(移動平均収束拡散法)とは何か?

MACDは、"Moving Average Convergence and Divergence"の略で、日本語では「移動平均収束拡散法」や「マックディー」と呼ばれます。これは、1960年代にテクニカル分析の権威であるジェラルド・アペル氏が開発したもので、2本の指数平滑移動平均線(EMA)を利用して、買い時や売り時を見極める分析手法となっています。

MACDの基本事項

MACDは、基本となる「指数平滑移動平均線(MACD)」と、MACDの移動平均線である「シグナル」と呼ばれる2本の線の推移で相場の判断をします。通常、相場の大きな動きを読みやすいため、トレンド形成時に威力を発揮し、相場のおおよその反転ポイント(相場の天井と底)を見極めることができます。

・MACD=12日平滑移動平均-26日平滑移動平均
・シグナル=MACDの9日平滑移動平均

MACDの例

なお、指数平滑移動平均線では、単純移動平均線より直近の値段を重視し、さらに一定期間の平均ではなく、過去全ての値段を計算対象としています。

MACDの活用ポイント

MACDは、オシレーター系指標の一つで、2本の指数平滑移動平均線の差から売買サインを見る分析手法です。通常、トレンド形成時に威力を発揮しますが、一方で「遅効性」や「過熱感の表示」で問題点があります。

MACDの利点

・おおよその天井と底が分かる
・トレンド形成時に威力を発揮する(順張り向き)

MACDの問題点

・移動平均線の組み合わせのため、移動平均線の欠点である、売り買いのシグナルの発生が遅い
・2つの移動平均線の差であるため、上限・下限がなく、また「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」の過熱感を表示できない

MACDのシグナル(売買サイン)

・MACDが中心(ゼロ)を上抜いたら買いサイン
・MACDが中心(ゼロ)を下抜いたら売りサイン
・MACDがシグナルを下から上へ抜いたときが買いサイン
・MACDがシグナルを上から下へ抜いたときが売りサイン
・値段が上昇しているのに、MACDとシグナルが下降すると売りサイン
・値段が下降しているのに、MACDとシグナルが上昇すると買いサイン