プロジェクトファイナンス

英語名: Project Finance
分類: 金融業務|融資

プロジェクトファイナンスは、ある特定のプロジェクトに対して行う融資で、その返済原資を対象となるプロジェクトのキャッシュフローに限定したものをいいます。通常の融資では、返済の可能性を借主(企業等)の信用力や担保などに着目して審査するのに対して、プロジェクトファイナンスでは、特定のプロジェクトのキャッシュフロー(収益)を分析し、そのプロジェクトの資産価値を担保として審査します。

元々は、欧米において、巨額の費用がかかる石油・ガス・鉱物資源等の開発に関する資金調達手段として考案され、その後、資源開発の川下プロジェクト(石油化学プラント、天然ガス液化設備、製油所等)から、発電所や道路、鉄道、港湾などのインフラ、さらには通信プロジェクトやテーマパークなどへのファイナンスにも利用され、その応用範囲は拡大しています。

一般にプロジェクトファイナンスでは、当該プロジェクトを運営する別会社(SPCなど)に対して融資が実行されるため、プロジェクトの実施母体の親会社は、リスクの過大な負担と巨額借入による財務内容の悪化を回避できるというメリットがあります。一方で、金融機関等の貸し手は、そのプロジェクト自体が健全で魅力があれば、実施母体の信用力に関わりなく融資を実行できるというメリットがあります。

なお、プロジェクトファイナンスは、通常、リスクと所要資金の大きいプロジェクトを対象とするため、シンジケートローンの形式で実行されることが多く、これに対して貸し手は、プロジェクトの採算性に見合った金利を算出して融資するため、プロジェクトに主体的に参加するプレイヤーとしての側面も持つことになります。