SPC

読み方: えすぴーしー
英語名: Special Purpose Company
分類: 会社・経営|会社形態

SPCは、"Special Purpose Company"の略で、「特別目的会社」とも呼ばれ、金融機関や事業会社などが資産の流動化や証券化を利用する目的で設立された会社のことをいいます。これは、事業を行って営利を追求することではなく、資産を保有する器として機能することを目的としているため、倒産することがないように仕組まれています。また、類似の機能を持つ信託や任意組合、匿名組合などを含めて「SPV(Special Purpose Vehicle)」とも呼ばれ、設立場所は日本国内だけでなく、その多くが税制上の優遇措置のある海外(ケイマン、バミューダ、バージン諸島などの地域)で設立されています。

一般にSPCは、資産(債権、不動産等)を裏付け(担保)に有価証券(株式や債券等)を発行して、資金調達をする場合などに利用されます。具体的には、保有する資産をSPCに譲渡することにより、その資産を企業本体から切り離すことができると共に、SPCは譲渡された資産を証券化して、その資産の信用力をもとに資金調達をすることができます。これによって企業等は、バランスシートをスリム化して各種財務指標の改善を図ったり、資金調達の多様化や効率化、資金調達コストの削減を図ったりすることができます。

なお、日本においては、資産の流動化に関する法律(SPC法)にもとづくSPCは、「特定目的会社」と呼ばれ、他のSPCと区別されます。