マイクロファイナンス

英語名: Microfinance(MF)
分類: 金融業務|概念

マイクロファイナンスは、貧困層や低所得層を対象とした、少額金融サービスのことをいいます。これは、1970年代から貧困対策の一環として、その資金需要に対応する小口融資が登場したのが始まりで、今日では、貧困問題を解決する有力な手段として世界的に注目されています。元々は、小規模無担保融資を意味する「マイクロクレジット」という用語が使用されていましたが、今日では、サービス対象が預金や送金、保険などにまで拡大していることから、「マイクロファイナンス」という用語が定着しています。

一般にマイクロファイナンスの実施団体は、非政府組織(NGO)や信用組合、政府機関など様々ですが、近年では、その採算性に注目して、民間金融機関が参入してくるケースもみられます。ちなみに、その草分けとしては、グラミン銀行(Grameen Bank:バングラデシュ)やアクシオン・インターナショナル(ACCION International:中南米等で活動しているNGO)などが世界的に知られています。

<マイクロファイナンスの目的>

・零細事業の運転資金や起業資金を提供することにより、貧困層の市場への参入を促進し、その所得向上を助ける。
・費用負担の小さい貯蓄サービスを提供することにより、将来の不測事態に対応するための貯えや資産形成を可能にする。
・女性の組織化や自立化により、家庭や地域経済において能力の発現が抑制されてきた女性の活力を引き出す。