翌日物金利スワップ

読み方: よくじつものきんりすわっぷ
英語名: Overnight Index Swap
分類: スワップ

翌日物金利スワップは、「OIS」とも呼ばれ、翌日物レート(複利運用)と、数週間から2年間程度までの固定金利を交換する金利スワップ(デリバティブ取引)をいいます。これは、翌日物レート(変動金利)として、日本円の場合は「無担保コールオーバナイトレート(加重平均値)」、米ドルの場合は「FF金利(Federal Funds Rate)」、ユーロの場合は「EONIA(Euro Overnight Index Average)」が参照され、また固定金利は「OISレート」と呼ばれます。

一般に翌日物金利スワップには、政策金利に関する見通しが折り込まれているため、金融市場の先行き(予想)に対するマーケットの見方を示しており、現在、欧米市場では、現物資金または短期の債券取引に対するヘッジや裁定の手段として活発に取引が行われています(翌日物金利を取引対象としているため、従来のヘッジ手段と比べて、金利変動に対するよりきめ細かなリスク管理が可能)。また、マーケットでは、LIBORとOISの金利差には「信用リスク流動性リスクが表れる」とされており、中央銀行も金融市場の分析で本金利差に注目しています。

●LIBOR

金融機関の資金調達コストの目安となる金利で、政策金利の見通しに信用リスクを上乗せし、市場の短期資金の需給度合いを勘案して決まる。

●OIS

ほぼ政策金利の見通しだけを反映して決まる。

※日本では、1997年半ば頃から取引が開始されているが、超低金利政策がずっと続いており、取引は低迷状態が続いている。

※リーマンショック以降、金融機関の信用リスクが強く意識されるようになり、結果として、LiborレートとOISレートのスプレッドが拡大し、OISレートがリスクフリーレートとしての地位を確保するようになった(欧米の金融機関を中心に、店頭デリバティブ商品の評価に、OISレートをリスクフリーレートとして採用する金融機関が増えた)。