エクイティファイナンス

英語名: Equity finance
分類: 財務・会計|資金調達

エクイティファイナンスは、「新株発行を伴う資金調達」のことをいいます。これは、企業のエクイティ(株主資本)の増加をもたらす資金調達のことを指し、具体的には、公募(時価発行増資)、 株主割り当て、第三者割当といった払込を伴う増資や、転換社債型新株予約権付社債(CB)等の新株予約権付社債の発行などを総称する際に使われます。また、デットファイナンス負債の増加を伴うのに対して、エクイティファイナンスは資本の増加を伴うところに大きな特長があります。

一般にエクイティファイナンスは、発行会社(企業)にとっては、原則として返済期限の定めのない資金調達であり、財務体質を強固にする効果がある一方で、投資家(株主)にとっては、調達した資金が中長期的な収益拡大に貢献する投資に充当されない場合、1株当たりの価値の希薄化(ダイリューション)が起ったり、また調達した資金が適切な投資に当てられなかった場合、会社の支配関係や配当政策などに影響が出たりするなどのリスクもあります。そのため、実施する際には、株主に対して、合理的かつ納得のいく説明が求められます。

なお、企業がエクイティファイナンスを実施する場合、株式市場の環境によって、ポジティブに評価して株価が上昇することもあれば、ネガティブに評価して株価が下落することもあり、その反応は一概には言えません。また、実際(本当)の成否は、一定の時間が経ってみないと分かりません。

エクイティファイナンスの活用場面

エクイティファイナンスは、発行済株式数を増加させ、1株当たりの株式価値を薄める可能性もあるため、原則として、以下のような場合に利用することが基本となります。

・株主資本の充実が会社の発展に不可欠である場合
・株主資本の充実が会社の体質強化に不可欠である場合
・資金調達により中期的に利益の拡大が見込まれる場合

企業のファイナンス手法の種類

一般に企業のファイナンスには、様々な手法がありますが、大きく分けて、「エクイティファイナンス」と「デットファイナンス」があります。また、この2つの中間的な存在として、資本と負債の性格を併せ持つ「メザニンファイナンス(ハイブリッド証券等)」があるほか、企業が保有する資産を裏づけとして資金を調達する「アセットファイナンス(資産の証券化)」もあります。

・エクイティファイナンス:株式優先株、CB、新株予約権など
・デットファイナンス:ローン、社債など
・メザニンファイナンス:優先出資証券、永久劣後債など
・アセットファイナンス:ABSMBS、ABCP、ABL、OAなど