増資

読み方: ぞうし
英語名: Capital increase
分類: 財務・会計|資金調達

増資は、「資本増加」の略で、株式会社が資本金を増加させることをいいます。これには、金銭の支払い等を伴う「有償増資」と金銭の支払い等を伴わない「無償増資」がありますが、通常は資金調達を目的とした金銭の支払い等を伴う有償増資を指すことが多いです。

一般に資金調達のために新株を発行する有償増資には、特定の対象者に向けて割り当てる方式と、不特定多数の対象者に向けて割り当てる方式があります。前者については、株主に株式の割当てを受ける権利を付与する「株主割当増資」や特定の株主以外の者に付与する「第三者割当増資」があり、後者については、不特定多数の一般投資家に対して引受けの勧誘を行う「公募増資」があります。(2001年の商法改正後、額面制度がなくなって、すべて無額面株式となったため、現在では、額面発行・時価発行・中間発行といった分類はない)

通常、増資は、ローン(借入)と並ぶ、資金調達の伝統的な手段ですが、借入とは異なり、長期的に安定した返済義務のない資金を一度に獲得することができ、また株主資本が増加することにより、財務の健全性の指標を改善できるメリットがあります。その半面、株式による調達は、資本コストが高く、手続きやIRに手間と費用を要するなどのデメリットもあるほか、株主構成や議決権などにも大きな影響が及ぶため、十分な注意が必要となります。