楽天証券

楽天証券は、楽天グループのインターネット証券です。1999年の創業以来、日本の投資家を元気にすることを使命とし、また
「お客様からの信頼が最大の価値」と認識し、常に顧客の立場を発想の原点とした質の高い業務を心がけ、最良かつ革新的な投資サービスの提供に努めることを理念としています。

目次:コンテンツ構成

楽天証券の取扱商品

楽天証券は、顧客の多様なニーズに応え、充実した金融商品を提供しています。

国内株式 現物取引、信用取引、REIT、ETF・ETN、IPO/PO、立会外分売、貸株サービス
外国株式 米国株式、中国株式、アセアン株式、海外ETF
投資信託 ファンド、らくらく投資、ロボアドバイザー
債券 国内債券、外国債券
先物・OP 株価指数先物・オプション
外国為替取引 楽天FX、らくオプ
CFD 証券CFD、商品CFD
貴金属 金・プラチナ取引
年金 iDeCo(確定拠出年金)

楽天証券の提供サービス

楽天証券は、顧客の視点から考えた、多様なサービスを提供しています。

ツール マーケットスピード、iSPEED、フル板 他
情報 マーケット情報、トウシル(投資情報メディア)、日経テレコン、四季報情報 他
各種サービス ポイントプログラム、マネーブリッジ(銀行連携)、らくらく担保、電子交付、アラート通知、メールサービス 他

楽天証券

楽天証券の会社概要

楽天証券は、楽天グループの大手ネット証券会社です。

商号 楽天証券株式会社
〔Rakuten Securities, Inc.〕
設立 1999年3月24日
本店所在地 東京都港区南青山2-6-21
株主構成 楽天カード 100%
上場/非上場 非上場(楽天は東証上場)
特色 充実した取扱商品・サービス
業界屈指の格安手数料
最先端トレードツールの提供
お得なポイントプログラム 他

楽天証券の沿革

楽天証券は、1999年に日本初のオンライン専業証券(旧社名:DLJディレクトSFG証券)としてサービスを開始し、以後、多くの顧客に支持されて順調に成長し、大手ネット証券の一つとなっています。

1999年-2009年

・1999年:DLJディレクトSFG証券が設立、日本株以外に投信と米国株も開始
・2000年:マーケットスピードをリリース、信用取引の取扱開始
・2003年:中国株、先物・オプション取引、FXを開始
・2004年:楽天が子会社化、楽天証券に社名変更
・2005年:50万口座突破
・2006年:外国債券の取扱開始
・2007年:日経225ミニ、米ETFの取扱開始
・2008年:積立投信、PTS、楽天FXの取扱開始
・2009年:本店移転、楽天の100%子会社に

2010年-現在

・2010年:100万口座突破、海外先物取引に本格参入
・2011年:楽天銀行との口座連携サービス開始、法人向け取引サービス開始
・2012年:金・プラチナ取引のサービス開始、アセアン株式の取次開始
・2013年:150万口座突破、新楽天FXのサービス開始
・2014年:NISA口座、貸株サービスの取扱開始
・2015年:FXCMジャパン証券を吸収合併、本店所在地を移転
・2016年:200万口座突破、楽ラップ、個人型確定拠出年金の開始
・2017年:国内株式取引手数料引き下げ、PTSの取扱開始
・2018年:海外ETNの取扱開始、ターゲットイヤーラップサービスの提供開始、300万口座突破
・2019年:投資信託の買付手数料を無料化、信用取引の取引手数料を無料化、PTS夜間取引を開始
・2020年:本店移転、400万・500万口座突破
・2021年:ロボアドの提供開始、600万・700万口座突破

金融ブランド事典

カテゴリー