AXA(アクサ)

AXA Group(アクサグループ)は、1817年にフランスで生まれた、世界最大級の保険・資産運用グループです。

ヨーロッパを拠点とし、AXA(アクサ)のブランドを創設(社名をAXAに変更)した1985年以来、1992年に米国、1995年にアジア・オセアニアで事業を開始するなど着実に成長を続け、現在もプレゼンスとネットワーク、商品・サービスのラインナップを拡大し続けています。

目次:コンテンツ構成

AXA Group(アクサグループ)の概要

AXA Group(アクサグループ)は、世界54の国と地域の顧客にサービスを提供する、保険および資産運用の世界的なリーディングカンパニーです。

現在、フィナンシャル・プロテクションをコアビジネスとし、以下の3つの分野で事業を展開しています。

|生命保険(貯蓄商品を含む)|
生命保険や貯蓄、医療保険の分野で、幅広い種類の商品を個人と法人の顧客に提供。

|損害保険|
自動車保険、住宅保険、賠償責任保険の分野で、幅広い種類の商品を個人と法人の顧客に提供。

|資産運用|
主に機関投資家や個人投資家、またAXAグループの保険会社を対象にサービスを提供。また、ベルギーやフランス、ドイツ、ハンガリー、スイスでは、個人の顧客を対象とした銀行業務も展開。

グループ名 AXA Group
持株会社 Axa S.A.(アクサ・エス・アー)
本社所在地 25, Avenue Matignon 75008 Paris - France
設立 1817年
(AXAの前身となる保険会社コンパニー・ダシュランス・ミューチュエル・コントル・ランサンディ設立)
事業内容 生命保険、損害保険、資産運用

AXA Group(アクサグループ)の日本事業

AXA Group(アクサグループ)は、日本において、保険事業、資産運用事業、アシスタンス事業など、多岐にわたるビジネスを展開しています。

2019年に持株会社である「アクサ・ホールディングス・ジャパン」を設立し、保険事業では、アクサ生命、アクサダイレクト生命、アクサ損害保険を子会社とし、現在、この3社が相互に連携を深めると共に、その他のメンバーカンパニーと密接に連携しながら、顧客をリスクから守るための商品・サービスを提供しています。

アクサ生命

1994年にアクサグループの日本法人として設立された生命保険会社(現在の形態は、組織変更で2014年から)。2000年の日本団体生命との経営統合により、事業基盤を大幅に拡大した。

アクサダイレクト生命保険

2006年に設立された日本初のインターネット専業生命保険会社。2010年5月に「SBIアクサ生命保険」より「ネクスティア生命保険」に社名変更され、その後、2013年5月に「アクサダイレクト生命保険」に社名変更された。

アクサ損害保険

「アクサダイレクト」とも呼ばれ、1998年に設立された損害保険会社。ヨーロッパにおけるダイレクト保険のリーディングカンパニーであるAXAの豊富な経験と技術を活かし、日本の顧客ニーズに合った商品・サービスの提供を行なっている。

その他の連携するメンバーカンパニー

日本のアクサの事業において、その他の連携するメンバーカンパニーとして、以下の会社があります。

●資産運用サービス

アクサ・インベストメント・マネージャーズ

●不動産投資・資産管理サービス

アクサ・リアル・エステート・インベストメント・マネジャーズ・ジャパン

●アシスタンスサービス

アクサ・アシスタンス・ジャパン

●その他のサービス

アクサ収納サービス、アクサ・ウェルス・マネジメント、XLカトリンジャパン

金融ブランド事典

カテゴリー