JCBカード

JCBカード(JCB CARD)は、日本のカード業界のパイオニアであるジェーシービーが発行するクレジットカードです。

現在、「JCB」は、日本で生まれた唯一の国際ブランドであり、VISA、MasterCard、American Express、Diners Clubと並び、世界で使える5大ブランドの一つとなっており、また「T&E(トラベル&エンターテインメント)カード」に位置づけられています。

目次:コンテンツ構成

JCBカードの主な種類(プロパーカード)

JCBカードは、ライフスタイルや趣味などに合わせて、様々な特典やオリジナルサービスが満載のカードを数多く発行しており、大きく分けて、「プロパーカード」と「提携カード」の2つがあります。

現在、個人向けのプロパーカードには以下のような種類があり、また最新のカードでは、タッチ決済に対応、シンプルでスタイリッシュな券面、徹底したセキュリティといった特長があります。

|PREMIUM(招待制)

・JCBザ・クラス

|GOLD(ゴールド)

・JCBプラチナ
・JCBゴールド
・JCB GOLD EXTAGE(29歳以下)

|スタンダード(各種)

・JCB一般カード
・JCB カード W(ポイント優遇)
・JCB CARD EXTAGE(若者)
・JCB LINDA(女性向け)
・JCB EIT(リボ払い) 他

JCBカード

JCBカードの発行会社

ジェーシービー(JCB)は、日本で唯一、独自の国際ブランドを展開するクレジットカード会社で、現在、「世界にひとつ。あなたにひとつ。」をブランドメッセージに掲げて、グローバルに活動しています。

JCBの事業展開

JCBは、日本で唯一の国際ブランドを運営する企業として、世界を舞台に様々な事業を展開しています。

|ブランド事業|
世界中でJCBカードを利用できる加盟店ネットワークを展開すると共に、国内外のパートナーとJCBカードの発行を拡大している。

|加盟店事業|
国内全ての加盟店との契約を自社で担う「シングルアクワイアリング」の強みを活かし、国内最大級の加盟店ネットワークを構築・維持している。

|カード事業|
国際ブランドとして、自社での個人・法人カード発行のほか、金融機関およびその関連会社とフランチャイズ契約を締結し、JCBカードの発行拡大を図っている。

|プロセシング事業|
クレジットカード事業者等から業務を受託するプロセシング事業を展開している。

JCBのカード発行形態

JCBは、日本で唯一、独自の国際ブランドを展開する企業であることから、他のカード会社と異なり、大きく分けて以下のような3種類のクレジットカードの発行形態を取っています。また、この形態は、国内にとどまらず、海外でも現地銀行等がJCBカードの発行ライセンスを取得し、JCBカードを発行しています。

|第1の発行形態|
JCBが自社でカードを発行する形態。

|第2の発行形態|
日本を代表する金融機関等との提携により設立した、全国に展開するフランチャイジーがJCBカードを発行する形態。

|第三の発行形態|
流通系カード会社や信販会社などに対して、JCBカードの発行ライセンスを付与することにより、各社がJCBカードを発行する形態。

会社名 株式会社ジェーシービー
〔JCB Co., Ltd.〕
本社所在地 東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立 1961年1月25日
資本金 106億1,610万円
事業内容 クレジットカード業務、クレジットカード業務に関する各種受託業務、融資業務、信用保証業務、集金代行業務、前払式支払手段の発行ならびに販売業およびその代行業

金融ブランド事典

カテゴリー