シティカード(Citi Card)

シティカード(Citi Card)は、その昔、シティカードジャパンが発行していたクレジットカードのブランドです。

シティカードジャパンとは、世界各地でシティバンク(Citibank)などを展開するシティグループ(Citigroup)の日本法人で、シティグループが日本のリテール事業の撤退により、2015年12月に三井住友信託銀行がシティカードジャパンを買収し、「三井住友トラストクラブ」に社名変更されました。

また、この買収に伴い、「シティカード」のブランドは終了しましたが、その代わりに、新たなブランドとして「SuMi TRUST CLUBカード(現・TRUST CLUBカード)」が誕生しました。

目次:コンテンツ構成

シティカードの主な種類(終了)

シティカード(Citi Card)は、日本で発行当時、プレミアムカードが主体となっていました。

・シティ ゴールドカード:ゴールド
・シティ エリート:20歳からのゴールド
・デルタ スカイマイル シティ ゴールドVISAカード:提携
・デルタ スカイマイル シティ クラシックVISAカード:提携
・学士会シティカード:提携

シティカード

シティカードのサポートとサービス(終了)

シティカード(Citi Card)は、日本で発行当時、世界的に信頼と安心のサポート、および便利とお得なサービスにおいて定評がありました。

|信頼と安心のサポート

・世界最大級の発行枚数を誇る信頼のカード
・24時間・年中無休のカスタマーサービス
・旅の安心を支える海外・国内旅行傷害保険
・大切な買い物を守るバイヤーズプロテクション
・安心を保証するフォトカード(オプション)

|便利とお得なサービス

・たいへん便利なリボルビング払い
・旅行を世界中でアシストするシティトラベルデスク
・急な出費にも安心なキャッシングサービス
・世界の豪華商品をお届けするシティポイントギフト・カタログ
・世界トップクラス、世界160カ国以上2,800万店以上の加盟店

シティカードの発行会社(社名変更)

シティカードジャパン(Citi Cards Japan, Inc.)は、その昔、「シティカード(Citi Card)」と「ダイナースクラブカード(Diners Club)」の二つのブランドを発行していました。

2015年12月に同社は、三井住友信託銀行に買収され、現在は「三井住友トラストクラブ」になっています。

会社名 シティカードジャパン株式会社 → 三井住友トラストクラブ
本社 東京都品川区東品川(天王洲) → 移転
事業内容 クレジットカード業、貸金業、保険代理業、信用保証業

金融ブランド事典

カテゴリー