クロス取引

読み方: くろすとりひき
分類: 株式取引

クロス取引は、「クロス商い」とも呼ばれ、証券取引所において、一つの証券会社が、同一銘柄で同一数量の売り注文と買い注文を同時に成立させる取引をいいます。

株式の大量売買(機関投資家等の大口注文)の処理方法の一つで、取引所の取引時間内でもできますが、市場で大口注文を出すと価格が極端に変動するリスクがあるため、通常は取引所の取引時間外で大口注文を成立させる際に利用されています。

また、昨今では、個人投資家が株主優待取りや節税対策(譲渡益の調整)などで、同一銘柄、同一数量、同一値段の売り注文と買い注文を出すことも、クロス取引の範疇に含まれるようになっています。