バスケット取引

読み方: ばすけっととりひき
英語: Basket trade
分類: 株式取引

バスケット取引は、「パッケージ取引」とも呼ばれ、複数の銘柄をひとまとめにして一括で売買する取引をいいます。これは、複数の銘柄をまとめて、バスケット(かご)に入った一つの商品とみなして売買する取引で、通常、証券会社が委託を受ける際には、一つの取引として手数料を設定することが多いです。

目次:コンテンツ構成

バスケット取引の活用

バスケット取引は、15銘柄以上かつ1億円以上の取引が対象で、ファンドや機関投資家などの大口の投資家がインデックス運用の売買、ポートフォリオの銘柄入替、裁定取引に伴う現物株の売買などを行う際に活用します。

バスケット取引の仕組み

バスケット取引は、大口の投資家が複数の銘柄をまとめて買いたい(売りたい)時に、それらの価格を指定して証券会社に注文を出し、その注文が合意すると、証券会社の自己売買部門が指定された銘柄を市場で買い向かう(売り向かう)という仕組みになっています。

通常、立会外取引や店頭市場が主に使われ、市場が閉っている時間帯でも取引が可能です。特に、前場終了後のバスケット取引は、後場の市場動向にも影響を与えることがあるため、「昼のバスケット取引」として市場参加者からも注目されています。