クリスマスラリー

英語: Christmas rally
分類: アノマリー

クリスマスラリー(Christmas rally)は、「サンタクロースラリー(Santa Claus rally)」とも呼ばれ、アメリカ合衆国の株式市場において、クリスマス(12月)から新年の1月にかけて株価が上昇するというアノマリーをいいます。

過去のデータ分析でも、株価が上昇する頻度は12月が最も高いという結果が示されており、その要因として、12月は節税対策による処分売りが出やすく、売り圧力が強まりやすいですが、一方でクリスマスが近づくにつれて減少し、1月にかけて買い戻しから上昇しやすくなります。また、政治的リスクも比較的少ないことから、買いやすい相場環境とも言われます。

なお、日本においては、クリスマスラリーと似たアノマリーとして、年内最後の取引日である大納会に向けて株価が上昇すると言われる「掉尾の一振」が知られています。

※アノマリー:はっきりとした理論的な根拠を持つ訳ではないものの、実際によく当たるかもしれないとされる経験則のこと。