高関与率取引

読み方: こうかんよりつとりひき
分類: 不公正取引

高関与率取引は、株式市場において、特定の株式の出来高の内で特定の投資家の取引数量の比率が高い取引をいいます。これは、通常、出来高の少ない銘柄(中小型株)で発生することが多く、比較的少ない出来高であっても、反復売買することによって、意図的に価格形成することができます。

一般に「高関与率取引=相場操縦」という訳ではありませんが、その取引が「相場操縦(不公正取引)」と判定された場合には、金融商品取引法で違反者に対して、刑罰や課徴金などの罰則が科されることになります。

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!