ピンクシート

英語: Pink Sheet
分類: 株式市場

ピンクシートは、米国のOTC Markets Groupが管理・運営する市場である「OTC Pink」のことをいいます。

その昔、気配表の紙の色がピンクだったことによる呼称で、時代の変化の中で電子化され、現在は、非上場の株式(銘柄)に関する売買気配を表示する電子システムになっています。また、その登録は、マーケットメーカー(証券会社等)からFINRAへ申請することで可能となり、上位市場のように監査済財務諸表の開示は必要ではありません。

現在、OTC Markets Groupは、OTCQX、OTCQB、Pink、Greyの4つのOTC市場(店頭市場)を運営しており、この中で、Pinkは、OTCQXとOTCQBの下位市場に位置し、情報開示をしたくない企業や将来的なステップアップを狙う企業などが登録しています。

ちなみに、日本において、1997年から2018年まで存在したグリーンシートは、米国のピンクシートを参考に非上場銘柄の売買を可能とする場として創設されました。