グリーンシート

英語: Green sheet
分類: 株式市場

グリーンシートは、その昔、非上場企業への資金調達を円滑化し、また投資家の換金の場を確保する目的で、金融商品取引法の取引所市場とは異なったステータスで運営されていた制度(市場)をいいます。

日本証券業協会が証券会社による非上場企業の株式等を公平・円滑に売買するために、1997年7月にスタートした市場でしたが、時代の変遷の中で、2018年3月31日をもって廃止され、その歴史を閉じました(グリーンシートは日本証券業協会の登録商標)。

開設当時、グリーンシートで取引されていた銘柄を「グリーンシート銘柄」と言い、店頭有価証券のうち、日本証券業協会が定める規則により、証券会社が投資勧誘を行なう要件を備えた銘柄(店頭取扱有価証券)の中から、日本証券業協会へ届出が行なわれ、気配の公表を行なっている銘柄を指しました。また、発行会社の特徴により、エマージング、オーディナリー、投信・SPCの3つに区分されていました。

ちなみに、グリーンシートという名称は、米国のピンクシート(非上場の株式や債券に関する売買気配を表示する電子システム)を範としつつ、若い樹木が若葉を次々と芽吹きながら大きく成長していくように、そこに名を連ねる企業も若々しく活き活きと活動・成長していくようにとの願いが込められていたそうです。