売方金利

読み方: うりかたきんり
分類: 信用取引

売方金利は、株式の信用取引の収益の一つで、信用売り(空売り)で売却代金を預けることにより、売り方が受け取る金利をいいます。これは、ある程度の高金利の時に発生するもので、低金利の時には0%に設定されます。

一般に空売りでは、貸株により取得した株式を売り渡して売買代金を預けるため、売り方貸株料を支払う一方で、売方金利を受け取るという仕組みになっています。また、制度信用取引では、売り超で株不足になった場合、貸株料とは別に、売り方が株を調達するために支払う株の借り賃を「逆日歩」と言います。

なお、売方金利に対して、信用買いで必要な資金を借りる際に、買い方が支払う金利を「買方金利」と言います。