整理ポスト

読み方: せいりぽすと
分類: 銘柄

整理ポストは、株式の上場廃止が決まった場合、株主や投資家に配慮し、一定期間継続される売買を行う特別のポストをいいます。これは、かつて(昔)の呼称で、2008年1月から「整理銘柄」という呼称に変更されました。

現在、定義されている整理銘柄とは、金融商品取引所(証券取引所)において、上場廃止を決定した上場有価証券に割り当てる特別な取り扱いのことをいいます。通常、上場有価証券の上場廃止が決定された場合、上場廃止までの一定期間(上場廃止が決定された翌日から上場廃止日の前日まで、原則として1カ月間)、投資家に売買の機会を与えるために「整理銘柄」へ指定され、その事実を周知徹底させ、投資家が整理売買を行うことができるようにしています。

<整理ポストのかつての説明>

整理ポストは、証券取引所において、上場廃止基準に該当した有価証券(銘柄)が売買される専用の取引ポストをいう。上場廃止基準に該当した場合、すぐに上場廃止にすると、一般投資家が取引所での売買機会を失い、不利益を被る恐れがある。そのため、整理ポストで上場廃止の事実を周知させ、一定期間売買できるようにした上で上場廃止にしている。