景気循環株(シクリカル銘柄)

読み方: けいきじゅんかんかぶ
英語: Business cyclical stock
分類: 銘柄(テーマ)

景気循環株は、「シクリカル銘柄」とも呼ばれ、景気の動向によって、業績が大きく左右される株式(銘柄)をいいます。

景気の波により受注動向が大きく左右され、また不況から好況に転じる時は大幅な増益になることも珍しくないという性質を持つ銘柄群を指し、具体的には、紙パルプ・化学・鉄鋼等の素材産業や工作機械メーカー等の設備投資関連などの銘柄が該当します。

一般に景気が良くなると、たくさんのモノが売れるようになり、多くの材料や新たな工場・設備が必要になることから、これらの銘柄の株価は上がることが多いです。一方で、景気が悪くなると、企業の在庫調整などで需要が低迷し、生産が落ち込むことから、これらの銘柄の株価は下がることが多いです。

このように、景気循環株は、株式市場から景気動向を見る上でも重要な役割を果たしていると言えます。

なお、「景気循環株」に対して、生活必需品である食品や薬品、社会インフラである電力・ガス・鉄道・通信等の景気動向に業績があまり左右されにくい銘柄を「ディフェンシブストック」と言います。