値ぼれ買い

読み方: ねぼれがい
分類: 売買

値ぼれ買いは、主に株式相場で使われる用語で、ある銘柄について、値段に魅力を感じて買うことをいいます。これは、注目していた銘柄の株価(値段)が、その銘柄の実力から見て割安であると思えたことから、値段に惹かれて買うことを意味します。

一般に株式投資において、"安く買って高く売る"のが基本であり、「値ぼれ買い」は投資家心理としてよく行われます。その一方で、本当に割安であったかどうかは、後になってみなければ分からないので注意が必要です。実際のところ、タイミングよく最安値の水準で買うことはほぼ不可能であり、往々にして値ぼれ買いした後も株価の下げが続いて、「もっと待てばよかった!」と後悔することも少なくありません。