テーパー・タントラム

英語名: Taper tantrum
分類: 概念

テーパー・タントラム(Taper tantrum)は、マーケット(市場)の癇癪(かんしゃく)のような現象をいいます。これは、「テーパリング(Tapering)」と、かんしゃくを意味する「Temper tantrum(テンパータントラム)」を組み合わせた(TemperをTaperに変更した)造語で、2013年5月にFRBによる異例の量的緩和縮小(テーパリング)の示唆により、国際金融市場に大きな波乱(動揺)を巻き起こした際に作られました。

一般に本用語は、量的緩和縮小や利上げなどの金融政策変更により、通貨下落や株価下落、資金流出といった「市場のかんしゃく(市場が動揺する状況)」を述べる際に使われます。