利食い売り

読み方: りぐいうり
分類: 売買

利食い売りは、「利益確定売り」とも呼ばれ、保有する投資対象に評価益(含み益)がある時に、利益部分を確定する(実現益にする)ことをいいます。

マーケット全般で使われる用語で、具体的には、株式や債券、投資信託、外貨預金などでは、保有する商品が値上がりして含み益がある時に売却し、また先物・オプションやFX、CFDなどでは、保有するポジションに含み益がある時に反対売買(差金決済)し、それぞれ実現益にすることを指します。

一般に投資において、相場(価格)の変動により、含み益が一瞬にして含み損になることはよくあり、「利食い売り」はタイミングを見計ってうまくやることがポイントになります。

<本用語の使用例>

・日経平均が2万円の大台を超えてくると、利食い売りが増加し、朝方の買いが一巡した後は伸び悩みの展開
・四半期末を控えて利食い売りが広がり、複数の株価指数が下値支持線を割り込んだ
・午後の取引で一時115.80円まで上昇したが、利食い売りに押されている