ご祝儀相場

読み方: ごしゅうぎそうば
分類: 相場

ご祝儀相場は、お祝い(ご祝儀)の意味を込めた買いが入り、相場が上昇することをいいます。これは、年明け最初の立会いである大発会や、年末の最後の立会いである大納会、あるいは新規上場や新政権誕生などのハレの日において、ご祝儀の気分(雰囲気)の買いが入ることによって、相場が高く始まることなどを指します。

一般にご祝儀相場では、一時的に相場の流れにつられた買いが集まって上昇しますが、一方で特に相場を上げる材料がある訳でもないため、その上昇は長く続かないことが多いです。

<本用語の使用例>

・年が明けてもご祝儀相場はなく、4日の大発会は大幅安となった
・○○財務相が後継首相として有力となる中、円安誘導への期待が高まっており、一日早いご祝儀相場となった

フィンテックが身近に。世界水準の金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーに注目!