高値覚え

読み方: たかねおぼえ
分類: 心理

高値覚えは、資産運用全般で広く使われる用語で、過去の高値にこだわりすぎて、現在の相場水準が最も適切な水準であると錯覚し、下落してもまたすぐに上昇すると思い込んでしまい、なかなか売りに出られないことをいいます。また、この思い込みによって、下降トレンドに入った場合でも、いずれ値上がりすると楽観し、適切な売買の判断ができなくなります。特に、高値覚えのクセがついてしまった投資対象(銘柄)については、仮に下降トレンドに入ったとしても、なかなか売りに踏み切ることができず、最終的には損失を膨らませてしまったり、またショートポジションでの機会利益を取り損なったりすることもあります。

一般に資産運用において、いったんポジションを持つと、失敗したくないという気持ち(心理)から、このような感覚を持つことが多いです。また、これに惑わされないためには、時としてポジションをスクエアにして、客観的にマーケットを見るのも一つのやり方です。