手掛かり難

読み方: てがかりなん
分類: 材料

手掛かり難は、マーケット全般で使われる用語で、相場が動くきっかけや売買するだけの材料がなく、市場が保ち合ったまま動かないため、売買が手控えられている状況をいいます。また、これと同じような言葉に、「手掛かり不足」や「仕掛け難」、「手詰まり」などがあります。

一般に相場は、材料が出現することで動きますが、これといった目新しい材料もなく、大量に売買するヘッジファンド金融機関機関投資家なども売り買いを手控えている場面では、相場は上にも下にも行けない状態になります。通常、このような状態になると、市場に参加する投資家は模様眺めに入り、相場が動き出すのを待つことになります。

<本用語の使用例>

・全般として手掛かり難で、大きくポジションを動かすような取引は見られなかった
・この日も手掛かり難が続き、為替相場日経平均など株価動向につれて、円が上下に振れる方向感に乏しい展開だった