協力預金

読み方: きょうりょくよきん
分類: 概念

協力預金は、広義には、顧客が銀行などの金融機関から預金預け入れを要請され、その要請に応えて預けた預金のことをいいます。これは、金融機関の優位な立場を利用した悪しき慣行で、その昔、バブル全盛期では、例えば不動産取引など、金融機関が取引を通じてビジネスを斡旋した場合に、その取引の御礼として預け入れてもらう預金を指しました。

現在、日本では、金融庁の「銀行監督評価基準」において、過度な協力預金は、不適切な取引として防止を促しています。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。