不換銀行券

読み方: ふかんぎんこうけん
分類: 貨幣

不換銀行券は、正貨(本位貨幣)に兌換されない銀行券をいいます。これは、時代の変遷の中で金本位制が崩壊し、兌換銀行券が兌換の義務のない銀行券となったもので、また法律により無制限の強制通用力を与えられることによって、流通が保証されています(現在、不換銀行券が貨幣を代表するものとなっている)。

ちなみに、日本銀行券は、1931年に金輸出再禁止と同時に金兌換が停止され、兌換銀行券から不換銀行券となり、今日に至っています。