準通貨

読み方: じゅんつうか
英語: Quasi currency
分類: 貨幣

準通貨は、「準貨幣」や「近似貨幣」とも呼ばれ、それ自体は支払手段として機能しないものの、直ちに確実に貨幣に換えることができる金融資産をいいます。これは、定期性預金を解約すると現金通貨預金通貨となり、決済手段として使用できるものを指します。

一般に準通貨は、統計的・金融政策的には、支払手段に容易に転化しうる金融資産が該当し、現在、日本のマネーストック統計ではM3に含まれ、「準通貨=定期預金+据置貯金+定期積金+外貨預金」と定義されています。