名義預金

読み方: めいぎよきん
分類: 概念

名義預金は、親族の名義を用いた預金のことをいいます。これは、相続税税務調査で使われる概念で、形式上は、配偶者や子、孫などの名義で預金されているものの、実質的には、被相続人の預金(相続財産)と認められるものを指します。例えば、財産のある夫が亡くなって、ずっと専業主婦だった妻に多額の預金がある場合などに「名義預金」と見なされることがあります。

一般に相続税の税務調査では、本人名義だけではなく、相続人やその他親族の通帳等の提出が求められ、その際に税務当局から指摘された預金について、資金源が相続人で、贈与の事実関係が曖昧な場合に「名義預金」と判断されることがあります。この場合、相続人が運用管理していたのであれば、被相続人からの「贈与」にあたり、また被相続人が運用管理していたのであれば、被相続人の資産として「相続税」の対象になります。

なお、税務当局は、申告書に記載された金融機関から裏付けとなる資料を事前に収集し、相続人等への資金移動状況をチェックしているので、税務調査の際には誠実に対応した方が良いです。

<名義預金の判断基準>

・預金の運用管理(通帳や印鑑の保管、新規設定や書き換え解約などの手続き等)を誰が行っていたのかが問題となり、被相続人が行っていた場合は、原則として名義預金と判断される。

・名義人が資金を受け取った事実を知っていたのか、また知っていたことを証明できない場合は、名義預金と判断される可能性がある。

・名義人の住所と金融機関登録の住所が同一でない場合(被相続人の住所になっていて、相続人がその届出地にいない場合など)は、名義預金と判断される可能性がある。

<名義預金と見なされないために>

・非課税枠内の現金贈与でも、贈与契約書を残す。また、贈与税を支払った場合は、申告書(控)を保管する。

・贈与を受けたら、本人が自分で運用管理を行うようにする。

カテゴリー|ワード索引

インフォメーション

楽天市場は、ネットショッピングの定番。楽天カードは、年会費が永年無料で、カード会員には楽天市場や街中の加盟店でポイントが貯まり、お得な特典も数多く用意されています。