媒介契約

読み方: ばいかいけいやく
分類: 不動産取引

媒介契約は、手持ち物件の賃貸・売却や希望物件の購入など、土地建物の売買・交換や貸借の仲立ちを、不動産仲介会社などの宅地建物取引業者に依頼する契約のことをいいます。これは、媒介を依頼した場合に結ぶ契約であり、本契約を締結すると、契約内容をめぐる紛争を防止するため、業者は契約内容や報酬等を記載した書面を作成し、依頼者に交付することが義務付けられています。通常、売却の場合は依頼した時点で、また購入の場合は物件が決まった時点で契約するのが普通です。

一般に媒介契約のタイプには、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つがあり、自分のニーズにあったものを選択することになります。

一般媒介契約

依頼者が、複数の宅建業者に依頼できる契約(明示型と非明示型の二つがあり)。

専任媒介契約

依頼者が、特定の宅建業者にのみ依頼する契約。

専属専任媒介契約

依頼者が、依頼をした特定の宅建業者の探し出した相手方(顧客)以外とは取引ができない契約。