特定街区

読み方: とくていがいく
分類: 都市計画

特定街区は、建築基準法によらずに、容積率建築物の高さの限度などを特別に定めて、市街地の整備改善を図った地区(街区)のことをいいます。これは、都市計画法における地域地区の一つで、市街地の整備改善を図るために、街区の整備を行なう区域として指定された地区であり、また比較的自由に大規模な建築物の建築が可能になることから、大規模な都市開発プロジェクトにおいてよく活用されます。(例えば、東京では、丸の内・日本橋・有楽町・銀座・新宿・池袋・渋谷他、神奈川では、横浜駅西口・みなとみらい21中央地区他)

一般に特定街区では、その地区の環境整備に有効な空地を確保し、良好な建築計画を推進するために、容積率や高さの最高限度、壁面の位置の制限を定める一方で、敷地単位では、容積率・建ぺい率・斜線制限等の制限が適用されないため、設計の自由度は比較的高いと言えます。