非線引き区域

読み方: ひせんびきくいき
分類: 都市計画

非線引き区域は、法律上の名称は「区域区分が定められていない都市計画区域」で、市街化区域にも市街化調整区域にも属さない無指定区域のことをいいます。また、一つの都市計画区域を市街化区域と市街化調整区域とに区分することを「区域区分(線引き)」と呼びますが、この区域区分がされていない都市計画区域が「非線引き区域」となります。

一般に非線引き区域は、電気やガス、水道、下水などのインフラが未整備であり、その開発には都道府県知事の許可が必要となります。なお、2000年の改正都市計画法によって、新しく指定された準都市計画区域は、都市計画区域外に属する区域となっています。