軒高

読み方: のきだか
分類: 建物

軒高は、地面から軒の敷桁の上までの高さをいいます。また、敷桁(しきげた)とは、建物の外周部にあって、柱の上端をつなぎ、小屋梁や根太などを支える横木をいいます。

軒高の例

一般に木造では、GL(グランドライン)から建築物の小屋組の上端またはそれに代わる横架材を支持する敷桁の上端までの高さを指すのに対して、RC造では、地盤面からパラペット(屋上などの外周に外壁に沿って立ち上げた腰壁)の天端までの高さを指します。