木造

読み方: もくぞう
分類: 建築構造

木造は、「木構造」とも呼ばれ、建物の土台や柱、梁、桁などの主要構造部分に木材を使用した建築構造をいいます。

また、昨今では、原料となる木材を大小の構成要素に分割して再構成した「木質材料」を用いる建築が増えたため、これを木造と区別して「木質構造」と呼ぶこともあります。

◎木造の建築工法には、伝統構法、木造軸組構法ツーバイフォー工法、丸太組構法、木質ラーメン構法などがある。

◎木造の構造には、通気性や耐震性などに優れているというメリットがある一方で、鉄筋コンクリート構造などに比べて、強度や遮音性などに劣るというデメリットがある。

<建築基準法の木造の制限>

主要構造部分としての木材について、強度や変形などの問題があるため、高さ13m、軒の高さ9m、または延べ面積3000平方kmを超える建築物は、主要構造部を木造としてはならないと定めている。また、その他にも、土台や柱、梁、軸組についての細かい規定や、防火区域、防火隔壁、異種用途区域を設けるなどの決まりもある。