専有部分

読み方: せんゆうぶぶん
分類: 区分所有

専有部分は、分譲マンションやオフィスビルなどの区分所有建物において、それぞれの区分所有者が単独で所有している建物の部分のことをいいます。また、区分所有者が自分の専有部分について持っている権利を「区分所有権」、専有部分の面積を「専有面積」と言います。

例えば、分譲マンションの場合、マンション一棟の建物全体のうち、何階の何号室という形で区切られた室内空間(各住戸の内部)が「専有部分」に該当し、これについては自由にする(居住する、賃貸する、リフォームする、売却する)ことができるのに対して、玄関ホールや廊下階段、エレベーターなど区分所有者が全員で共有している部分は「共用部分」と呼ばれ、自由にすることができません。

一般に分譲マンションでは、各住戸において、壁紙や天井、などの内装材、電気・電話の配線、給排水管のうち共用竪管までの横引き管などは「専有部分」に含まれるのに対して、コンクリートの骨組み自体(躯体)や外壁、戸境壁、などは「共用部分」になります。